読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎる終末

日々の妄想垂れ流し日記

2017/4/8

29000円!?!?

発狂するところから始まる本日の日記なのですが、僕がこうなってしまうのも無理はありません。というのも、先日酔いつぶれてしまった際の入院費を、本日支払いに行ってきた訳なのですが会計で伝えられた金額を見て、僕はもうまともな精神を保つことが出来なくなってしまっていたのです。

というか一晩入院しただけでこんなにかかんのかよ...。なにそれ...?こんだけあれば風俗にだって行けちゃったんじゃないの...?こんなに払うなら看護婦さんによるサービスとかがあっても良かったんじゃないの...?

まあ考えたところで支払い額が変わるわけでもないので、ここは男らしくサクッと支払っておきましょう。しかし、財布を覗きこんだ僕の目に映ったのは、残額1326円という中学生並みの現実だったのでどうしようもありません。やべー、どうしよう?代わりに病院で働いたら勘弁してもらえないかな?そして、働いている内に男色の先生に目をつけられ弱みに付け込まれてしまうのです。

「君は入院費の支払いが出来ていないようだね。どうだい、今日一日ここで働けば代わりに支払ってあげよう。」「ほ、ほんとうですか!?ぜひお願いします!」「じゃあまずはこれに着替えてきて。」と、先生から渡されたのはどうみても佐川急便の制服でした。どうやら先生は、少し前に流行った佐川男子が未だに好きなようです。着替えを終え、部屋に戻ってきた僕に対し、先生は...、とここまで書いている内に何だか気持ち悪くなってきたのでもう止めます。実際は普通にATMで下ろしてきました。

それにしても29000円です。働きに来て早々、わけのわからないパンチを食らってしまった気分です。というか、そもそも僕は働いてお金を稼ぐために家を出た、いわば出稼ぎに来たようなもののはずなんですが、実際には家を離れた途端にお金が出て行くのですからたまったものではありません。特に僕は、食事は全て外食で済ますというブルジョワジーな生活をしておりますので、この調子でいくと給料をもらってもロクに金を貯めることが出来ず、なんのために家を出たのかわからない事態に陥ってしまいます。ここはひとつ、どうすれば効率よくお金を貯めることが出来るのか、考えてみました。皆さんにも使える方法ですので是非ご活用ください。

 

①副業をする

これはいいかもしれませんね。うちの会社では副業は認められていないのですが、バレないように上手くやればいいのです。現状、会社が終わった後は寝てるだけなので、睡眠時間はガリガリ削られることになりますが、そこは努力次第で何とかすれば良いだけです。

 

②家を捨てる

物を持とうとするからお金がかかるのです。最近、ミニマリストとかいう概念が巷をのたうち回っていますが、僕から言わせればまだまだ甘いでしょう。家を捨て、物を置く場所を失えば代わりにお金はバンバン貯まるはず。家賃も節約出来て一石二鳥です。さあ、あなたも今日からホームレスです。

 

③食事を摂らない

一日にかかる食費というものは意外と大きいもので、僕の場合は一日2000円ほど使っています。馬鹿なあなた達に代わって少し計算してみたのですが、これが一月続くと約60000円の負担となってしまうのです。こんな負担から開放されるためにも食事なんか無視してしまいましょう。女性の方はダイエットの効果も見込めてしまいますね。

 

全て実践するのは難しいかもしれませんが、お金を貯めるためならば多少のことは我慢できるはず。さあ、今日からレッツチャレンジ!