読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎる終末

日々の妄想垂れ流し日記

2017/4/14

今週の日曜日には、情報処理技術者試験というものが開かれるのですが、会社からの命令により、どうやら僕は、このなんだかよくわからないテストを受けなければならないようでした。

正直に言って、せっかくの日曜日をこんなテストに潰されてしまうという事実に3回ほど気絶してしまったのですが、どうやら昇進していくためにはこの資格を取得しておかねばならなかったようなので、渋々と受けることに決めたのでした。昇進すればお給料が増えるのですから、これは当然の選択ですね。

 

テストを受けるようにとのお達しがあったのは1月頃だったように思いますが、当時は遊びに大学に大忙しだった僕は(遊びが9割です)、試験の申し込みだけは済ませたものの、一体どんなテストであるかすら把握しないまま入社の時を迎えてしまいました。

そして今日、とうとう会社の人から「日曜日は情報処理試験です。しっかり頑張ってきてください。」との連絡がよこされてしまったのです。

やべー、そういやそんな話もあったな…。まあでも、僕も大学院まで行って勉強してたくらいだしなんとかなるだろ…。プログラミングだってやってたわけだし…。とか何とか考えていたわけですが、先ほど過去問を見てこの考えは吹っ飛んで行ってしまいました。

 

「階層構造のモジュール群から成るソフトウェアの結合テストを,上位のモジュールから行う。この場合に使用する,下位モジュールの代替となるテスト用のモジュールはどれか。」

なにこれ…?全く何を言っているのかわからない…。

よくよく思い出してみると、僕は大学でプログラムの作成を行ったことはありましたが、自分で作ることができず、ネットから似たようなプログラムをパクりまくった挙句、ろくに動かなかったために、全て担当教員の方が作り直してくれていたのです。

そんな僕に真っ当な知識が身についているはずもないのでした。

かろうじて分かるのは、「階層構造」「テスト」などの一般的な用語のみです。理解度としては漢字の読めない小学生が小説を読んでいるのと大差ないレベルでしょう。

やべーよこれ…、どうしよう…?

 

その時、僕はある事実に気付くことができたのです。ハッキリ言って天啓クラスの出来事でした。

あ!問題全部マークシート形式や!

そうです。なんとこの試験、問題が全てマークシート形式で答えるようになっていたのです。この事実に気がついた時、僕の心の中には楽勝ムードが漂っていたのでした。

自慢ではありませんが、僕は選択形式のテストが超得意なのです。ろくに勉強していなかった分野であっても野性味あふれる僕の勘が正解を導いてくれるのです。

 

すっかり安心した僕は、今日もネットの海を漂うのでした。

勉強なんてしなくても答えが浮かんでくるのですから当然ですね。

まあ知能レベルの足りない方たちは、直前になって必死こいて勉強とかしてりゃいいんじゃないですかね?僕は遊ばせてもらいますけどね。笑

あーマジ試験とかって余裕だなぁー!(必死になって過去問を確認しながら)