過ぎる終末

日々の妄想垂れ流し日記

2017/4/16

今日は朝から早起きして試験とかいう面白くもないものを受けてきたわけですが、正直に言ってしまうと昨日結構頑張ったにもかかわらず、理解できない問題の方が多かったので、半分以上は運試しのような心構えで受けてきたのでした。

試験は午前と午後に分かれており、それぞれ2時間半ずつという軍隊のようなスケジュールです。そんな過酷な試練であったにもかかわらず、めげることなく最後まで試験に向き合うことができたのは、ひとえに僕の驚異的な人間力のなせる業かと思いますが、結局のところ問題はろくに解けていないわけですので、人間力とかはあまり関係がなかったようですね。

 

しかし悲観するにはまだ早いのです。午前問題は80問中の6割である48問正解がボーダーになっているらしいのですが、僕は勉強の甲斐あって20問ほどは何となく解くことができました。この20問を正解しているものとして扱うと、のこり28問正解すればいいことになります。

先ほど計算してみたのですが、試験問題は全て4択でしたので28問正解するためには、1/4^28の確率を引き当てれば良いのです。4^28では分かりにくいかと思いますので、これを計算してみるとおよそ72057594037927900と出てきました。もっと分かりやすく言い換えると約7京2057兆5940億分の一ということになります。これがどんなもんかは分かりませんが、僕は運がいいとよく言われるのでまあ大丈夫でしょう。

 

試験が終わったばかりですが、明日からは会社とは別のところで合宿形式の研修を受けさせられるそうです。

この寮は、試験会場へのアクセスも微妙に悪い立地にありましたので、僕は日曜日だというのに早起きする羽目になったわけですが、どうやら合宿会場も寮から遠い、というか普段通っている会社よりも遠い位置にあるようですので、さらなる早起きが必要となりそうです。

こちらに来てからというものの、休みの日でも早起きする必要があったりとまるで寺にでも入ったような気分になりますが、きっとこれが働くということなのでしょう。

ちなみに合宿ではきちんとした食事が提供されるようですので、そこでガッツリと栄養を取ってきてやろうと思います。

こちらに来て早々酔いつぶれて入院という失態の果てに29000円を悪徳病院にむしり取られてしまった僕は、この痛手を補填するために、最近はパンと水のような今時刑務所でもここまでひどくないのでは?というような食事を取っていたからです。

おかげでここ最近は常に空腹感を感じている餓鬼のようになっていたのでした。

研修は適当に流して飯だけ真面目に摂ってやる。