読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎる終末

日々の妄想垂れ流し日記

2017/4/30

昨日大阪に戻ってきたわけですが、2日目にして早速風邪を引いてしまった僕は、自分の間の悪さに唖然とするしかありませんでした。

今も咳と鼻水が止まらない状況で、鼻には常にティッシュが詰まっているというなんともマヌケな状態で喉を痛めてます。

こんな時には、可愛い彼女による献身的な介護により一気に体調が回復し、その後は病み上がりセックス!と流れるように事を運びたくなるわけですが、よくよく考えてみなくても、僕にはそんな彼女は存在していなかったので絶望するしか出来ませんでした。

 

普段は風邪などとは無縁の僕が体調を悪くしてしまった原因を考えてみたのですが、正直腐るほど思い当たりすぎて、「そりゃ風邪引いても仕方ないな」という結論に達しました。

そもそも僕はここ最近ろくに寝ておらず、常時寝不足の状態異常が付与されていたのです。これはもちろん、会社と寮が遠すぎるあまり、6時という天文学的時間に起床せねばならないにも関わらず、学生気分が未だに抜けない僕は2時だの3時だのといった時間まで普通に起きていたことが関わっていると思われますが、因果関係は不明です。

また、こちらも寮が元凶なのですが、僕は寮に入ってからというものの常に喉が乾燥したように感じ、やけに咳が出るようになっていたのです。毎日換気をしているにも関わらず、この状況が一向に改善される気配はないため、おそらくは寮内の空気にはカビやキノコの胞子が大量に含まれており、それを日常的に吸ってしまっていたことで肺に大きなダメージが与えられていたのでしょう。

 

このように身体をじわじわといたぶられていた中で、GWという餌を与えられてしまった僕は、夜行バスで大阪に戻ってしまうという、さらなる罠にかかってしまったのでした。

まあ僕は基本的にはどんな環境であっても目さえ瞑ればいくらでも寝ていられるので、夜行バスだと寝られない!とか腑抜けたセリフを吐くこともないのですが、そうはいっても椅子で寝ていると身体はバキバキになります。

ですが僕の脳はアホなので「たっぷり寝たし身体も休まったぞ!」とすぐに判断してしまいます。

昨日、大阪に戻った直後も当然のようにそう判断され、僕は自分の体の疲労など感じないまま、一日中遊び回ってしまったのでした。というか、ぶっちゃけ今日の夕方までぶっ続けの徹夜で遊びまわっておりました。

こう言ってしまうと僕がとんでもないヤンキーか何かのように思われてしまうのですが、実際のところは友人宅でアニメやゲームを朝方まで嗜んだ挙句、本日は始発で競馬場へいくといく正気を疑われるような行動をしていただけであり、一切悪の要素は含まれていないのでした。

まあそんな生活を送っていたら風邪の一つや二つは引きますわな。

 

しかし、よくよく考えてみると全ての原因は寮にある気がしてきました。

あんな場所にあんなものがあるから僕が苦しむハメになるんだ…。

GW明けに放火のニュースがあったらそれは僕かもしれません。でも仕方ないんです。あんな寮はなくなったほうが皆のためになるのですから…。