過ぎる終末

日々の妄想垂れ流し日記

2017/6/11

こちらにきてからというものの、僕の休日の過ごし方といえば、昼までぐっすりと寝た挙句、特に目的地もないのにブラブラと寮を出て無駄な時間を過ごして帰ってくるというどうしようもないものになってしまっていたのでした。

出歩いているだけマシなようにも見えますが、これは単に部屋が狭すぎてこんなところに終日閉じ込められていてはいつか気が触れてしまうのではないかという懸念と、目的は無くとも外に出たという事実を自分に与えることで、休日は何かをして過ごしたのだと言い訳するためだったのですからどうしようもありません。

それでもまだ、土曜日は国会図書館に行けば1日が潰せるのですが(超絶インテリジェンスであるこの僕は国会図書館によく行きます)、日曜日は閉まっているため、定期券の範囲に含まれる適当な駅に行ってブラブラするだけという徘徊老人のような真似をするハメになってしまっていたのです。

この行為は良く言えば散歩と言えなくもないでしょうが、僕はお金がなく無駄に体力だけがあるため、駅から駅の間をひたすら歩くという、どちらかと言えば修行に近い行為をしているような気がしています。そこに何の意味があるのかと問われれば僕は即座にこう答えるでしょう。「時間が潰れる」

 

しかし、最近はその行為に何の意味もないことに気付いてしまったため、僕は別のことを始めたのでした。その一つが「競馬場に行く」です。

また競馬かよ!?と思われてしまうかもしれませんが、僕は会社での自己紹介時にも趣味の欄にデカデカと「競馬」と書いた男ですので、ぶっちゃけもっと話題にしたいと思っているくらいです。ちなみに会社での反応は「ああ…うん…」程度の冷えたものでした。この僕がわざわざ自己紹介をしてやったというのに失礼な人たちです。

競馬場に行くのはまあ楽しいわけですが、楽しいだけで済むはずもなく時には悲しい思いをすることもあります。具体的に言えば馬券が外れますと、ダイレクトに財布へのダメージが発生するわけで、これを楽しめというのは超がつくほどのマゾヒストでも無理な話でしょう。

いたってマトモな性癖をもつ僕にとってもそれは当然のことで、財布の中身がごっそりなくなっていることに気付いた時なんかは「競馬なんてもう二度とやらねーよ!」と思っていたはずなのですが、翌週には笑顔で競馬場を訪れているあたり、脳に重大な疾患があるのかもしれませんね。

 

日曜日を迎えるたびに競馬場に行っていては、僕の身も心も財布も破滅を迎えてしまうことは想像に難くないため、僕はもう一つ新しいことを始めました。「エロ本を買いに行く」です。

何をごちゃごちゃ言っていても、人間性欲には抗えないもので、一発抜いてスッキリしてしまえば何事もどうでも良くなるのです。

こちらにきてからはインターネットとかいうチンピラツールを駆使してオカズ(ご飯と一緒に出てくるやつではない)を用意していたわけですが、なんだかこのままでは駄目になる気がしたので買いに行くことにしたのです。何が駄目になるのかは今でも良くわかりません。

幸か不幸か僕の定期券圏内には秋葉原が含まれておりますので、多様なジャンルのエロ本にアクセスすることが容易でした。

 

今日も競馬で軽く負けたのち、秋葉原で「快楽天」を購入するという黄金ルートを歩んできました。

今月の表紙はみちきんぐ先生です。先生の描く女性は大変可愛らしく魅力溢れておりますので(主にエロ方面の)、表紙を見た瞬間、購入欲を抑えきれずにレジに並んでしまったのでした。先日出版された単行本も素晴らしい出来であり、…。

とこのまま、みちきんぐ先生のどこが良いかを論じる内容にしてもよかったのですが、一発抜くとどうでも良くなったのでやめておきます。

はー、それにしても最高だわ…(シコシコ)。

広告を非表示にする